読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

響きと怒り 上

人物の説明もそこそこに情景と意識の描写が続く 意識も妄想か現実か 過去が露わになり 人物像がわかった時には… フォークナー作品…キツイ